埼玉には絶景というべき所が

埼玉には季節ごとに人々を魅了する景色があります。春には何と言っても桜です。
幸手市にある権現堂桜堤は桜の名所として知られています。およそ1,000本のソメイヨシノが見事に咲き誇り、桜の下の遊歩道では桜のトンネルの中にいる気分にさせてくれます。
そして、その時期は菜の花も一面に咲いていて、1度に2種類の花が楽しめる所です。
少し足をのばして秩父の丘陵には見事な芝ざくらがまるでピンクの絨毯のように広がっている羊山丘陵があります。
長瀞のライン下りは舟で川を下り、周囲の見どころ満載の景色が楽しめます。SLを川面から見るチャンスに巡り合うかもしれません。
秋には日高市の巾着田の曼珠沙華は赤い絨毯を敷き詰めたように咲き、たくさんの人たちの目を楽しませています。
紅葉は新座市の平林寺がとても有名です。およそ43haの広いところに多くの種類の木があり、秋が深まる頃には真っ赤に染まった境内には観光客が訪れています。
冬には奥秩父の三十槌のつららが見事です。天然の岩清水が造る氷の芸術と言われています。